オリジナル・サウンドトラック「セトウツミ」

平本正宏 ”オリジナル・サウンドトラック「セトウツミ」”(TT005) 2016/07/02 release

0620


作曲家平本正宏が音楽を担当した映画「セトウツミ」のオリジナル・サウンドトラックをダウンロードリリース!

別冊少年チャンピオンに連載中の漫画「セトウツミ」を原作とした映画「セトウツミ」が2016年7月2日より全国公開となる。本作は、大森立嗣が監督を務め、池松壮亮と菅田将暉がダブル主演を務める。
菅田将暉演じる瀬戸と、池松壮亮演じる内海が、川べりに座って繰り広げる会話劇を彩る音楽は、全曲タンゴだ。
タンゴの激しいリズム、愁いを帯びた旋律が、映画の世界をときに面白く、ときに切なく魅せていく。

アコーディオン 中村大史、ヴァイオリン 向山有輝、ベース 田中啓介、平本自身によるピアノによって奏でられる映画「セトウツミ」の音楽の世界を堪能できるアルバムとなっている。

01 セトウツミのテーマ~オープニング 1:22
02 背比べ 1:17
03 瀬戸と内海の憂鬱 0:39
04 樫村一期 0:20
05 セトウツミのテーマ~ブリッジ 1:15
06 木酢液とか三毛貝とか 1:17
07 内海の心の中 0:40
08 バルーンさん 1:00
09 セトウツミのテーマ 2:51

発売日:2016年7月2日
製品番号:TT005
発売元:Tekna TOKYO

作曲&プロデュース:平本正宏

アコーディオン:中村大史
ヴァイオリン:向山有輝
ベース:田中啓介
ピアノ:平本正宏

レコーディング&ミキシング:元木一成
マスタリング:森崎雅人(Saidera Paradiso)
レコーディング at 紀尾井町スタジオ

ジャケットデザイン:青柳奈都美

以下の配信先でご購入頂けます。

(通常版)
iTunes Store
URL : https://itunes.apple.com/jp/album/orijinaru-saundotorakku-setoutsumi/id1126611586

music.jp STORE
URL : http://music-book.jp/music/Artist/752815/Album/aaa51lvh

amazon music
URL : https://www.amazon.co.jp/dp/B01HFGXH1U/

レコチョク
URL : http://recochoku.jp/album/A1004479210/

(ハイレゾ版)
e-onkyo music
URL : http://www.e-onkyo.com/music/album/tcj859752979313/

mora
URL : http://mora.jp/package/43000074/TCJPR0000313779_hires/



CHAMBER MUSIC ONE

平本正宏 “CHAMBER MUSIC ONE” (TT004) 2014/09/18 release


第35回モスクワ映画祭審査員特別賞をはじめ、数多くの賞を受賞した話題の映画「さよなら渓谷」の音楽を担当した作曲家平本正宏が最新作『CHAMBER MUSIC ONE』を発表する!

平本自身の音楽レーベルTekna TOKYOから通算4枚目となる本作は、「シンプルに美しく響く」をコンセプトに、平本が書きためたメロディワークスを歌、チェロ、ギター、アコーディオン、ピアノ、ストリングアンサンブルで表現した室内楽集だ。全ての曲は、音の芯を見つめるようにピアノのみで作曲され、装飾的奏法を一切用いず、いま平本が一番表現したい音に仕上がっている。

映画「さよなら渓谷」のサウンドトラックを編曲した「Sayonara Keikoku」「Theme of Love」をはじめとする、ボーカル曲7曲とインストゥルメンタル6曲で構成された全13曲73分は、美しく優しく、ときに力強くリスナーを魅了する。

歌 伊能央子、チェロ 向山大祐、ギター&アコーディオン 中村大史、平本自身によるピアノ、壮大なストリングアンサンブルと、演奏は全て東京芸大出身の演奏家によるものだ。それぞれの楽曲の美しさを最大限引き出す演奏は『CHAMBER MUSIC ONE』の大きな魅力となっている。
また、同時リリースされるファーストオペラアルバム『OPERA ONE』の対をなす作品として作られている。

『CHAMBER MUSIC ONE』はシンプルゆえに美しい音世界を堪能させてくれる。

  • 01 : Sayonara Keikoku 5:10
  • 02 : Moment 5:42
  • 03 : World Without End 5:50
  • 04 : DNA 7:18
  • 05 : Theme of Love instrumental 4:50
  • 06 : From The New World 6:50
  • 07 : It’s You 5:35
  • 08 : Angel 5:35
  • 09 : Leon 4:23
  • 10 : Ave Maria 4:42
  • 11 : TOKYO waltz 6:35
  • 12 : Signal 4:50
  • 13 : Theme of Love 4:59
  • total 72:19
  • 発売日:2014年9月18日
  • 価格:2,800円+税
  • 品番:TT004
  • 発売元:Tekna TOKYO
  • 流通元:DISK UNION MUSIC DISTRIBUTION(担当/小野03-3511-9944)
  • Produced and Composed by Masahiro Hiramoto
  • Arranged by Masahiro Hiramoto, Hirofumi Nakamura
  • Vocal : Chikako Iyoku
  • Cello : Daisuke Mukouyama
  • Guitar and Accordion : Hirofumi Nakamura
  • Piano : Masahiro Hiramoto
  • Violin and Viola : Yuuki Mukouyama
  • Lyrics : Nobuyoshi Kobori, Masahiro Hiramoto
  • Recording and Mixing : Kazunari Motoki
  • Mastering : Masato Morisaki (Saidera Paradiso)
  • Artist Management : Masafumi Hiramoto (Tekna TOKYO)
  • Design : Takashi Suzuki


OPERA ONE

Masahiro Hiramoto “OPERA ONE” (TT003) 2014/09/18 release


そうそう宇宙ってこうだよな!と、行ったことないのに(笑)

テンプレートなスターウォーズ的宇宙観を離れて、無機質で硬質、かつ静謐さも備えた曲をお作りになった平本さんの意図が理解できる気がします。

海で育った人が作る音楽はきっと、よせる波のような曲になるだろう、森に生きる人は、木の葉のざわめきや獣の息づかいのような曲を作るだろう、じゃ宇宙で育ち暮らす人は?…きっとこういう曲を作るし、懐かしく聴くだろうな。と、そのように感じました。

なんて言えばいいでしょう、宇宙ネイティブ?宇宙生活者の民族音楽。

つまりこの、お作りになった一連の曲は、100年後や200年後の月や火星や宇宙コロニーに生まれ生きる人達が作るであろう曲だと思います。
「新しい」どころの騒ぎじゃない、まだ存在してない地球外民族の音楽作っちゃった平本さん!

「宇宙」というものが、地球人が見上げ憧れるだけの世界ではなく、真にみんなの生きる場所になる時、月面で星を見上げながら宇宙服の内蔵ヘッドホンでこの曲をまた聴きたいと思いました。

オペラの完成を楽しみに待たせていただきます。

幸村誠(漫画家)


Masahiro Hiramotoのファーストオペラアルバム『OPERA ONE』完成!!

作曲家平本正宏が、世界最大のエレクトロニクス・ミュージック・ウェブマガジン「Resident Advisor」で高く評価されたファーストアルバム『TOKYO nude』に続く新作『OPERA ONE』を完成させた。全13曲は「Act1」「Act2」「Act3」「Act4」と4つのセクションに分かれているが、歌手や明確なストーリーは存在しない。あるのは、宇宙の物理的構造とその変遷からのインスピレーションを基にコンピューターでジェネレートされた、シンプルかつソリッドな音響空間、攻撃的高速ビート、変容し続けるリズム、そして、「to ultimate fate of the universe(宇宙の終焉へ)」というコメントのみである。

アルバムに含まれる全サウンドは固有のスピードで運動し続け、その運動の重なりがビートやリズムの変化を作り出している。その音響空間はまるでリスナーを宇宙空間へ誘い出し、宇宙の誕生から終焉までの物語を聴覚で体験させるかのようだ。

本作は、オペラ作品の本格的な制作を視野に入れ活動している平本が、その始動の意味を込めてリリースする<ファーストオペラアルバム>と言える作品だ。また、同時リリースされるアコースティック作品『CHAMBER MUSIC ONE』とも対をなす作品として作られている。

平本正宏のオペラ構想は『OPERA ONE』から始まる!!

  • 01 : Act 1-1 3:07
  • 02 : Act 1-2 3:19
  • 03 : Act 1-3 6:35
  • 04 : Act 2-1 1:10
  • 05 : Act 2-2 1:55
  • 06 : Act 2-3 3:50
  • 07 : Act 2-4 6:53
  • 08 : Act 3-1 2:37
  • 09 : Act 3-2 5:20
  • 10 : Act 3-3 5:18
  • 11 : Act 4-1 4:13
  • 12 : Act 4-2 10:00
  • 13 : Act 4-3 2:24
  • total 56:41
  •  

  • 発売日:2014年9月18日
  • 価格:2,500円+税
  • 品番:TT003
  • 発売元:Tekna TOKYO
  • 流通元:Inpartmaint Inc(担当:真加部/TEL : 03-5467-7277)
  • http://www.inpartmaint.com/
  • produce and compose : Masahiro Hiramoto
  • mixing : Masahiro Hiramoto, Kazunari Motoki
  • recording : at Tekna TOKYO Studio
  • mastering : Masato Morisaki (Saidera Paradiso)
  • artist management : Masafumi Hiramoto
  • design : Takashi Suzuki


Tekna TOKYO Orchestra

Tekna TOKYO Orchestra “Tekna TOKYO Orchestra”(TT002)08/08/2012 Release





Tekna TOKYO Orchestraファーストアルバム『Tekna TOKYO Orchestra』ついに8月8日発売決定!!

平本正宏が新進気鋭のボーカリスト吉田沙良、東京芸術大学時代の友人であるチェリスト関口将史、ギタリスト中村大史の4名で新たに結成したTekna TOKYO Orchestraは、昨年末青山ブルーノートの姉妹店であるブルックリンパーラーでのライブを皮切りに、六本木ヒルズ・マドラウンジなどで演奏活動を行ってきた。

オーケストラのようなエレクトロニクスサウンドに、力強く艶やかな歌、流麗なチェロ、聴く耳を射止めるギターが絡み合い、アナログとデジタルとを縦横無尽に駆使・重層させた音楽としてTekna TOKYO Orchestraが産声をあげた。そのスリリングな未知の領域に歩み出す音楽のためのバンド名であり、この運動そのものを指すネーミングでもある。

本アルバムは計13曲から成る。

「World Without End」、「Voyager」に代表される楽曲は、Tekna TOKYO Orchestraの真骨頂ともいうべき、ノイズ/エレクトロニクス・サウンドと歌、チェロ、ギターが、溶け合いあるいは弾け合うサウンドに仕上がっている。力強く刻むエレクトロニクスのビートと、それに呼応しドライブのかかっていくライブ感に充ちた演奏はここでしか聴くことのできない刺激的な音像を作り出す。

エレクトロニクスをいっさい使用しないアコースティックのみの楽曲もある。壮大なストリングアンサンブルと共に演奏される「You and the Cello」、4人のみでの感情を潔く抑制した演奏で聴かせる「my only universe」もまた、Tekna TOKYO Orchestraの新しい魅力となっている。

マスタリングは、サイデラ・パラディソのエンジニア森崎雅人氏が担当。Tekna TOKYO Orchestraの魅力を最大限引き出した、最先端の音に仕上がっている。

『Tekna TOKYO Orchestra』は、今後無限の可能性を持つTekna TOKYO Orchestraの現在と未来を提示した作品である。

< Track List >
1. unreplayable cyclone
2. ASTROPERA
3. World Without End
4. our melody
5. Time
6. You and the Cello
7. addiction
8. open s.o.s
9. FREE FOR ALL
10. voyager
11. my only universe
12. With You
13. clenched tomorrow

発売日:2012年8月8日
定価:2,100円(税込)
製品番号:TT002
発売元:Tekna TOKYO
流通元:DISK UNION MUSIC DISTRIBUTION(担当/小野03-3511-9944)


Tekna TOKYO Orchestra
吉田沙良:vocals, chorus, kaoss pad
関口将史:cello, silent cello
中村大史:acoustic guitar, electric guitar, accordion, vocals, chorus, laptop
平本正宏:laptop, electronics, synthesizer, piano, kaoss pad


produced & all tracks composed by Masahiro Hiramoto
 

lyrics : Gianni Terasmoni (tr. 2, 6, 7, 9, 10, 11), Will McCormick (tr. 8, 13), Masahiro Hiramoto (tr. 3, 4)
all tracks arranged by Tekna TOKYO Orchestra
string arrangements : Masabumi Sekiguchi (tr. 6)
violin : Kano Tajima (tr. 6)

recording and mixing : Kazunari Motoki
mastering : Masato Morisaki (Saidera Paradiso)
recorded at STUDIO VERGER

design : Takashi Suzuki
photography : moco
hair & make-up : Noriko Sasaki