Hajime Kinoko(現代アーティスト、緊縛師、ロープアーティスト、写真家)×平本正宏 対談

_DSC0165

Hajime Kinoko(現代アーティスト、緊縛師、ロープアーティスト、写真家)×平本正宏 対談

収録日:2019年2月11日

収録地:東京タワー

撮影:427FOTO

編集:矢本祥子

〈ずいぶん破天荒な人生を歩んできてSMの世界へ〉

平本 今日はこの対談の前に東京タワーで撮影をしました。Kinokoさんが東京をイメージする場所として、東京タワーを選んでくださったのですが、その理由をお聞きしたいと思います。

Hajime 東京をイメージする場所で一番最初に思い浮かんだのが東京タワーです。幼少期の、東京のイメージは東京タワーというのがまだ残っていて、大人になってもそのイメージが自然と出ているんじゃないかなって思っています。そういった感じで、東京といったらここですね。成人になってからも全然変わらないんですけど、名古屋にいた頃も東京タワーが東京のイメージでした。最近の東京のイメージだったらスカイツリーだと思うんですけど。

平本 確かに、いま、幼少期を過ごしていたら、東京のイメージはスカイツリーになっているかもしれないですね。僕は、スカイツリーよりは東京タワーのほうが、フォルム、その佇まいが好きですけど、いまの子供達はどうなんでしょうか。
東京に出て来て生活するようになったのはいつぐらいなんですか?

Hajime ハタチぐらいの時です。

平本 それまでは名古屋にいらしたのですか?

Hajime 名古屋にいたあと、北海道にいました。僕はだいぶ破天荒な人生を送って来たので。

平本 そうなんですか。北海道では何かお仕事をされていたのですか?
_DSC0229
Hajime 僕、高校を卒業してから1年半くらいカイロプラクティックの学校に通っていて、そこでインターンをやり残してやめちゃったんです。最後の半年間は色んな整体院で働くインターンだったんですけど、カイロプラクティックの整体自体は免許がなくてもできる、国家資格がいらないので、学校の中でのことはあまり関係ないから、実際に現場でやることの方が重要なんです。だけど、なんていうのかな、整体院ってお給料がすごい安かったんです。それで、人生を長い目で見て、自分が安定してカイロプラクティックで食べていくためには、やっぱり先にたくさんお金を稼いで、カイロプラクティックの腕のあるやつを雇って、その人に習いながらやった方が早いと思いました。そして、手っ取り早くお金が稼げるところということで、その頃、非合法だったカジノで働き始めました。

平本 これ、対談に載せても大丈夫ですか?(笑)

Hajime 大丈夫です、もう時効ですから(笑)。別にそんな悪いことと思っていないですから。

平本 その非合法のカジノは北海道でされていたんですか?

Hajime 名古屋でカジノをやりました。そのお店から流れ着いたのが北海道でした。

平本 カイロプラクティックから離れて、カジノをされて、その流れで北海道へ?

Hajime はい。そして、そこから、働いていたお店のお客さんの流れで、東京に来て、そこでSMバーの店長をやらなくてはいけなくなりました。

平本 すごい流れですね。ということは、雇われ店長のような形で働かれたのですか?

Hajime そうですね。21、22歳くらいの時ですね。フェティッシュバーでした。SMバーよりももっと幅が広い。


1 2 3 4 5 6 7