news

花活けとピアノのライブセッション季譜 flower-notes第一回「墾る」の動画をアップ

  • 花活けとピアノのライブセッション
    季譜 flower-notes第二弾『滴る』 いよいよ今週末です。

    第一回 季譜 flower-notes『墾る』(2019.3.10)の様子をYoutubeにアップしました。


    季譜 flower-notesは、平本正宏がスタインウェイのグランドピアノを奏でるなか、温室代表/ガーデンプランナー塚田有一さんが四季折々の花が活けられていくシリーズ企画です。
    季節に合わせて一回ずつセッションをします。

    第2回『滴る』について
    日本の多くで梅雨入りを迎えました。
    雨の降る日が多くなりますが、この時期に美しさを醸し出す花があります。

    活けられていく季節の花、
    花に合わせて奏でるピアノの演奏、
    普段感じることのできないひと時を楽しんで頂きます。
    季譜-滴る画像
    『滴る』
    日にち 6月16日(日)
    時間  15時〜17時
    場所  代官山ヒルサイドテラスF棟プライベートルームにて
    参加費 3,500円(当日会場受付にてお支払いください)
    申込  hikarionsitu@yahoo.co.jp (担当塚田さん)までお申込みください。
    問合せ 090−3420−3514(塚田)

    ぜひお待ちしています。

  • Hajime Kinoko with ROPES 『鬼 緊縛』刊行記念アートロープパフォーマンス&チェキ撮影会 終了しました

  • Hajime Kinoko with ROPES 『鬼 緊縛』刊行記念アートロープパフォーマンス&チェキ撮影会
    無事終了しました。

    平本正宏の演奏にご協力下さった
    ヴァイオリン 森本由希子さん、
    コントラバス 田中啓介さん、
    本当にありがとうございました。

    3人の生演奏とHajime Kinokoさんが創られる巨大なインスタレーションの融合は非現実的かつ華麗な空間が誕生しました。

    昨日の様子を記録した写真を掲載します。
    ぜひご覧ください。

    61200430_441019510044250_5859436969251045376_n
    61190790_595035287656424_1499635681629044736_n

  • ロープアーティスト、緊縛師のHajime Kinokoさんと対談をしました。

  • Tekna TOKYO document更新しました。
    今回のゲストは現代アーティスト、緊縛師、ロープアーティスト、写真家のHajime Kinokoさんです。

    2018年12月17日、渋谷にあるギャラリーLE DECOで行われたHajime Kinokoさんの展覧会「Perfect Red展」オープニングセレモニーで、平本が演奏してから二人の対談が実現しました。

    SMで見られる緊縛のイメージを180度覆す現代的ロープアート、それがどのようにして誕生したのか、Hajime Kinokoさんの縛りに対する考えなど、この対談の中で詳しく話されています。

    ぜひご覧ください。
    _DSC0165

    https://bit.ly/2X8kFo1

  • 季譜 flower-notes第2回「滴る」 花活けとピアノのライブセッションを行います

  • 季譜-滴る画像

    季譜 flower-notes 「滴る」

    温室代表/ガーデンプランナーの塚田有一さんと平本正宏による
    花活けとピアノのセッション「季譜 flower-notes」。

    「季譜 flower-notes」は
    春、夏、秋、冬の季節に一回ずつセッションをおこないます。

    第1回「懇る」では多くのお客様に足を運んでいただきました。

    第2回目は6月16日日曜日です。
    Steinway & Sonsのピアノのあるサロンで、塚田有一の花活けと平本の新曲をお楽しみください。

    春夏秋冬で一巡りのうち、夏の会。タイトルは「滴る」としました。
    梅雨入りを迎える東京。緑もなにも滴る季節。
    こころも身も溢れそうな季節です。
    花がピアノの音になって、奏者の息づかいとなって、
    ピアノが雨の音になって、土に浸みて、根が水を揚げて
    花に吸い込まれて、また花から放たれて、、、

    *会場はプライベートサロンですので、場所の詳細はお申し込みの方にのみお知らせいたします。

    期日;2019年6月16日(日)15時から17時
    場所;代官山ヒルサイドテラスF棟の一室
    参加費;3500円(税込)受付時に会場にてお支払いください。

    申込;
    問い合わせフォーム(近日中に公開予定)
    もしくはhikarionsitu@yahoo.co.jp (担当塚田さん)までお申込みください。

    問合せ;090−3420−3514(塚田)

    出演:
    72_hanami_01 下村しのぶ

    撮影:下村しのぶ

    塚田有一
    温室代表。ガーデンプランナー、アーティスト
    http://onshitsu.com/about_us.html
    1991年立教大学経営学部卒業後、草月流家元アトリエ/株式会社イデーFLOWERS@IDEEを経て独立。世田谷ものづくり学校「学校園」/東京大学「こまみどりプロジェクト」など手掛ける。 2011年よりIIDグリーンディレクター。
    2012年、建築家平田晃久氏とともにOKAMURA DESIGN SPACE R「FLOW_ER」展を行う。
    2011年以降「花綵列島プロジェクト」始動。その一環として各地で「めぐり花」の活動を続ける。
    2013年春、安田不動産のワテラスでこけら落とし公演を企画プロデュース。
    花活けで「六本木アートカレッジ」能楽師安田登氏、ヴァイオリニスト山本紗由氏と共演ほか。
    花活けやイベントのディスプレイの他、個人邸の造園やオフィスなど植物による空間編集を多数手掛けている。
    2018年11月1日-2019年1月27日までLIXILギャラリーにて清水敏郎監修『クリエイションの未来展』”I’mpermanent “にゲストアーティストとして参加。
    2017年より赤坂氷川神社花活け教室「はなのみち」講師
    西神田「温室」での”TERRAIN VAGUE(都市の空き地)”企画。

    51298942_2040130766280407_3956400779312496640_n

    平本正宏
    作曲家。音楽レーベル Tekna TOKYO 主宰。
    東京藝術大学大学院音楽研究科修了。
    2006年より写真家 篠山紀信の映像作品digi+KISHINや展覧会の音楽を担当。2017年から現在に至るまでWEB UOMOで連載中の「篠山紀信『美女標本箱』」にて楽曲の提供を続けている。
    2013年映画『さよなら渓谷』の音楽を担当、第35回モスクワ国際映画祭にて審査員特別賞を受賞する。
    2016年東京芸術劇場シアターイーストにて全編コンピュータ音楽によるオペラ作品「OPERA -NEO-」を上演。
    2016年映画『セトウツミ』、映画『少女』の音楽、
    またNHKプレミアムよるドラマ「プリンセスメゾン」の音楽を担当。
    2017年1月現代美術家束芋の新作インスタレーション「網の中」、新作パフォーマンス「網の外」の音楽を担当。
    2018年 初のピアノアルバム「TOKYO PIANO」をリリース。
    同年シンセサイザーのみで即興的に作曲したアルバム「NEW YORK IMPROVISATION」、初期電子音楽作品をコンパイルしたアルバム「EEW」をリリース。
    2019年 写真家 篠山紀信が女優 橋本マナミを撮影した写真集『MANAMI BY KISHIN』&digi+KISHIN DVD BOOK「マナミ」のサウンドトラック『MANAMI』をリリース。
    その他、蜷川幸雄演出の舞台作品「ジュリアス・シーザー」への楽曲提供、振付家金森穣、デザイナー奥村靫正、演出家前川知大、作家島田雅彦、作詞家・作家高橋久美子など様々な分野の精鋭とのコラボレーションを行う。

  • 5月28日(火)Hajime Kinoko with ROPES 『鬼 緊縛』刊行記念アートロープパフォーマンス&チェキ撮影会にて演奏します

  • 2019年5月28日(火)19:30〜21:00 銀座蔦屋書店イベントスペースGINZA ATRIUMで行われる
    Hajime Kinoko with ROPES 『鬼 緊縛』刊行記念アートロープパフォーマンス&チェキ撮影会で、
    平本正宏がピアノを、ヴァイオリニスト 森本由希子、コントラバス 田中啓介とともに生演奏をします。

    参加方法は下記URLの【参加条件】、【申込方法】にございます。
    https://store.tsite.jp/ginza/event/art/6738-1225170510.html

    ロープアーティスト・緊縛師のHajime Kinokoさんの作品集『鬼 緊縛』の刊行を記念して、
    銀座 蔦屋書店のイベントスペースGINZA ATRIUM内に全長4メートルの巨大インスタレーションをつくり上げます。

    ぜひご覧ください。
    銀座six写真